新座市議会議員 大山さとるホームページ

基本政策

  • HOME »
  • 基本政策

新座市政へ提言したいこと

公共事業にかかる金額の見直し

2つの集会所は建坪80万円、88万円で建設。通常は建坪50万円前後で作れるはずです。

上記歳出の見直しによる市債の返済

640億円超の市債を抱えています!

シルバー人材センターの方へ市による時給加算を!

高齢者へ優しい街づくりを!

「借金体質の市の財政を見直す事」ひいては「原価意識を常に持つ事」を市の事業に携わるすべてへ。このままでは、皆様から集めている市民税がうまく活用できていません。新しい試みを行うにもこの体質を見直さない事には始まりません。せっかく、中学校3年生まで医療費が無料なのに市債を大幅に抱えている今、いつ無くなってもおかしくありません。

また、市のホームページにUPされていますが平成23年度予算概要によると、一般・特別会計を含めて777億円も予算がある中、「こんなに節約しました!」と言って節約額がたったの3500万円。0.05%しか節約できていません。何故なのでしょうか。逆に言うと改善できる所が山ほどあり、この市はもっとよくなる可能性を沢山秘めています。

元気な新座市を皆と作る為に地道ながら活動してまいります。

関連リンク

新座市オフィシャルWebサイトへのリンク
PAGETOP
Copyright © 埼玉県新座市議会議員 大山さとる All Rights Reserved.